鈴木和樹の活動家日誌

生活困窮の問題をなんとかしたい!の気持ちだけで活動を続けて、早8年目。 鈴木和樹の日々感じたことを書いていきます。

タグ:藤田孝典


3月20日にホームレス資料センターさん主催の講演会でパネラーとして参加します。 

主には、POPOLOハウスの取り組みや、
ホームレスの方々への住居支援について話をする予定です。
基調講演には下流老人著者のNPO法人ほっとプラスの藤田さんということもあり、
僕自身もわくわくしております。

ぜひお越しください。

下記はホームレス資料センターさんの案内文です。


 今年度当初より、全国で生活困窮者自立支援制度が開始されています。
私たちホームレス支援団体も、困窮者に伴走型の支援をするこの制度を使ってホームレスの人が十全に地域社会に再参入していけるよう日々の支援をつづけていいます。

「困窮」というより地域社会から排除されているホームレスの人に
この制度が有効かどうかという危惧もあるのですが、
国の主なホームレス対策事業の予算は困窮者支援法に
統合をすることに力を注いでいます。

ホームレスの人が路上生活を解消するのに最も有効であったのは、
生活保護であることは、全国的な調査からも明らか担っていますが、
生活保護の適用方法が本人の尊厳を守る方法でないために畳の上と
路上の往還を繰り返さざるを得ないホームレスの人も多数おられます。
また、ホームレス体験者は畳の上に上がっても地域で孤立していることが多く、
この方たちの地域参入にはさらにさまざまな支援が必要です。

一方、2002年に制定されたホームレス自立支援法は、
「ホームレス」を狭く「路上生活者」と定義しており、2000年代以降の
日本全体の困窮の広がりの中でネットカフェで暮らすような
広義のホームレスの人が増えていることには、法律自体は応えていません。

池袋で運営した「パーソナルサポート付ステップアップシェルター」は、
5室の小さなシェルターですが、実績は日本全体のホームレス問題状況を反映しています。
その報告とともに、「家なし状態」という困窮への支援策を
充実するために困窮者支援に携わっておられる方々と議論を深めたいと思います。

多数の方のご参加をお待ちしています。

  • 日時
    3/20(日) 13:30~17:00
    終了後 交流会あり(別途費用)
  • 会場
    豊島区民センター 4階 会議室
    東京都豊島区東池袋1-20-10
    「JR池袋駅」「東京メトロ池袋駅」東口より徒歩5分

  • 出演者

    【基調講演】
     藤田孝典さん
     NPO法人ほっとプラス代表理事
     聖学院大学人間福祉学部客員准教授
     反貧困ネットワーク埼玉代表
     厚生労働省社会保障審議会特別部会委員
    ホームレスを含む実際の困窮者支援と政府内で生活困窮者自立支援法制定に関わった経験から、日本の困窮者問題を俯瞰し、現在のホームレス支援について考えを述べる。
     ≪共著書≫
     「反貧困のソーシャルワーク実践」
     「ブラック企業のない社会へ」
     「ひとりも殺させない」
     「知りたい!ソーシャルワーカーの仕事」

    【パネルディスカッション】
     松本功さん
     東京都福祉保健局 生活福祉部 生活支援課 統括課長代理
    ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法は、雇用機会、居住確保、医療提供等により地域での自立した生活を支援するものであるが、その中核が、巡回相談と自立支援センターであった。
    生活困窮者自立支援法の施工において、自立支援センターは、自立相談支援事業と一時生活支援事業の組み合わせた機能として実施するものとされ、現在、特別区には5か所の自立支援センターが運営されている。
    また、大都市特有の課題であるインターネットカフェ等で生活する若者の支援については、都独自の「TOKYOチャレンジネット」というサポートセンターを運営し区市の自立相談支援機関と連携して広域的・専門的に支援を展開している。
    東京都における生活困窮者支援とホームレス支援の事業全般について語る。

     後閑一博さん
     マザーシップ司法書士法人代表
     ホームレス総合相談ネットワーク
    2002年から、ホームレス生活者、生活困窮者への支援活動を行っている。
    ホームレス状態にある方への法的支援、生活保護の相談支援を行うホームレス総合相談ネットワーク(「路上からできる生活保護申請ガイド」発行)のメンバーである。
    目に見えるホームレス(=屋外で寝る人)は全国的に減少したのは確かだが、それでも、池袋、新宿、渋谷などでは毎夜100人~200人の方が路上にいることが確認されており、最近も都内の深夜の確認調査に参加した。
    さらに、広義のホームレスも含めて、ホームレスの人の実態を調査する必要を感じている。

     鈴木和樹さん
     NPO法人POPOLO事務局長
     NPO法人フードバンクふじのくに事務局次長
    2014年までは、「『絆』再生事業」に自治体が実施する自立支援センターなどのほかに、都道府県知事が認めたNPOが行う「生活困窮者等支援事業」があり、ホームレス支援のNPOは、路上アウトリーチ、シェルター、生活保護申請、アフタフォローなどホームレスの人のニーズに応じて創意工夫に満ちた事業を展開していた。
    福祉事務所設置自治体が生活困窮者自立支援制度を実施することになり、当該自治体から一時生活支援事業を受託したホームレス支援のNPOもあり、POPOLOはそのひとつである。
    静岡県の7市(広域連合)から委託されシェルターを運営している。
    一時生活支援事業利用者が多様な自立を目指せるよう奮闘している。

    【司会】
    山路憲夫さん
    白梅学園大学子ども学部教授
    本事業運営委員会委員長
    ≪研究テーマ≫
     社会保障における負担と給付 子育て支援
    ≪著書≫
     「医療保険がつぶれる」
     「大学社会福祉・介護福祉講座地域福祉」

  • 会費
    資料代 500円
  • お申し込み
    不要
  • 定員
    150人
  • 主催
    ホームレス資料センター
    東京都豊島区西池袋5-26-16 CHIBAビル402
    TEL 03-6905-8656
    MAIL info[at]homelessness-library.org
    ※[at]を@にかえてご利用ください

活動を同世代でがんばってる藤田さんの記事から
引用しようと思います。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujitata…/20150126-00042559/

ぼくはよくアリとキリギリスの話を
自己責任論を言う人にいいます。

知ってると思うけど、
アリとキリギリスの話って

夏の間に汗を流して頑張ったアリ、
その一方で遊びほうけてたキリギリス。

キリギリスは、楽しむことをせずに真面目に働くアリを
馬鹿にして夏をすごします。

冬になって、キリギリスが食べ物に困ってしまう
アリは夏頑張ったから困らない

外国の話だと、アリから食べ物を貰えず、
夏に頑張らなかったお前が悪いといわれ
キリギリスは飢えて死んでしまう。

日本の最後は、
アリが食べ物をわけ、今度はちゃんとコツコツと夏に食べ物を
しっかりと集めておくんだよ
という形で結末が違う。

生活保護制度というのは、誰でも平等に困ったときに使える制度だ。
だから、困ったときは貧困になった理由なんか関係なく
なんら恥じることなく
堂々と使える制度でなければいけないとぼくも思っている。

生活保護をぼくは小さい頃に受けていたから、
それで友達の親から心無いことをいわれたりもした。

でも、ぼくは親を選ぶことはできなかった。
出来ることならみんなと同じような
家庭に生まれたかった。
これはぼくの自己責任でしょうか?

障がいをもって生まれた人は、
自己責任でしょうか?

貧乏で大学に行けなかったがゆえに、
希望の就職先を諦めなければいけないことは
自己責任でしょうか?

精神疾患になるのは自己責任でしょうか?

という風に、生まれながらの環境や、
突然の災難や病気などで生活保護制度を
利用せざるえない人がいます。

ここの部分については、
国家の介入をできるだけなくせ!減税だ!
という人にも、
大きな福祉国家だ!という
方にも当然受け入れられる主張だと考えます。

ここをおかしいという人自体はすくないのかな。
感覚的にだけど。
いちばんネックなのが、
仕事はやりたくありません。
保護をもらってのんびり10万くらいで過ごしたいです。
っていう人の場合(こういう人はけっこう少数なんだけどね)

福祉に限らず国家の介入をできるだけ小さく!という考えの人は
けしからん!税金の無駄だ!
自分で遊んでて困ったんだろ?
ほっとけよ!
という方が多い印象。
頑張ってた人限定だよねって感じかな。

福祉は多大に国家の介入をするべきだ!という考えの人は
その人がそういう考えに至ったのは
なにかしらの原因があるんだろう
と、保護をもらって暮らしたいと考えるまでに至る
なにかしらのバックボーンを意識します。

生活保護制度だけを切り取って考えるから
両者の考えは平行線のままだ。

そもそも、働けるのに働く意欲がなんらかの
事情や背景で、沸き上がらない状態の方を
どんな制度や支援で、
意欲向上ができるかという観点で
生活保護とセットで新しい形の
生活保障を構築していかなければ、
今の生活保護制度バッシングはなかなか止まらない。
(生活保護と生活保障と漢字がややこしいな・・・)

だからこそ、宮本太郎先生が提唱している


閉じたコミュニティの開放を橋渡し支援
底上げ型所得保障と給与比例型の所得保障との連動
労働市場そのものの見返りを高めていく
持続可能な雇用創出
ワークライフバランス


を日本型の生活保障のような取り組みとして実践していく
必要があると感じています。


ぼくはキャリアコンサルタントなんで、
その観点に福祉実践者としての想いを書くとすれば


仕事(給与がでるかどうかではない)というのは、
人生で睡眠と同じくらいの時間を使う活動です。


仕事や人間関係が複雑化していく中で、
キャリア(経験)というものをもっと、
大事にしながら、その人個人個人にあった
働き方だったり、生き方だったりを、
人生の節目で情報や環境が目まぐるしくかわる
現代社会だからこそ、収入を得る仕事だけでなく、
様々な岐路で自分らしい選択ができるよう
応援していく制度がやはりいまの福祉制度には
かけていると感じている。


まとまりのない文章になってしまったけど、
言いたかったことは


ぼくは日本版のアリとキリギリスのような話になるように、
生活保護を望む人は、使えるような社会にしたいし、
生活保護批判が起こらないような社会にするために
たくさんの人が理解を示してもらえるような
仕事(居場所と変えても可)というものを観点とした
新しい生活保障のかたちを作っていきたい
がんばろう!やりなおしたいという方を
何度でも手を差し伸べる社会がいいな。


その第一歩として、
県内における官民一体となった、
食によるセーフティネットの創出だったり
行政間の枠組みを超えた、
広域連携による生活困窮者支援法の拡大解釈
(実現できたのは静岡県だけみたいです・・・いい前例になるといいな)

だとぼくは思っている。

こうした影響力のある著名な藤田さんのような方が、
たくさんの人がみるYAHOOという媒体で
生活保護制度についてたくさんのかたの偏見を
変えるきっかけになってくれるので、
ぼくら地方で細々やってる人間としてはありがたいなとおもう。

↑このページのトップヘ