鈴木和樹の活動家日誌

生活困窮の問題をなんとかしたい!の気持ちだけで活動を続けて、早8年目。 鈴木和樹の日々感じたことを書いていきます。

タグ:新セーフティネット

メディアにいくつか出ました。
その宣伝をします!


①前回に書いたハートネットTVの放送日が変更になっていて、
予約してくれていた方申し訳なかったです。

2月24日の20時から
ハートネットTVで放送されます。
ぜひご覧ください。

フリップもって開設していますので。

 http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2016-02/24.html


②月刊福祉三月号に掲載されました。

全社協さんが発行している、 月刊福祉のウォッチングっていう企画の中で、
NHKの解説員後藤さんと活動のきっかけなどをお話させていただいています。

地域コーディネーターと後藤さんに言われ、なるほどなぁーと
思ったりしたので、積極的にこのフレーズをパクッていこうと思っています!


③きょうだいリスク という新書に取材協力しました!

著者の一人である古川雅子さんに民間支援と公的支援部分での話し、
きょうだいで相談にくる事例などをお話させていただきました。
本の中にも鈴木の名前はしっかりと載せていただいております。
家族や会社がセーフティネットにもうなりえないということがよくわかる内容になっています。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17778
朝日新聞出版 2月12日発売


 
最近、忙しすぎて、なかなか更新ができていませんが、
意識的に移動時間などを利用して、
もっとブログをお知らせだけでなく、
自分の考えなどを書いていけたらいいなと思っています。 


4月2日に放送された 


NHK ハートネットTV 新セーフティネット 私たちにできる地域づくり

の生放送後のインタビュー記事がNHKさんのホームページで掲載されました。


出演者インタビュー】鈴木和樹さん「困窮者を自己責任だと放っておく社会でいいのか」



ぼくの支援活動に対する根底に有る部分をお話できたのではないかと思っています。

↑このページのトップヘ