鈴木和樹の活動家日誌

生活困窮の問題をなんとかしたい!の気持ちだけで活動を続けて、早8年目。 鈴木和樹の日々感じたことを書いていきます。

タグ:フードバンク

「売れ残り」貧困の子へ 「偏見助長も」現場危惧


http://mainichi.jp/articles/20160331/k00/00e/040/262000c



フードバンク活動を行うものとして、
抑えておきたいのは、
この取り組みの意義がどこにあるのかについてだ。



個人的にはコンビ二弁当やパンは、
在庫が不安定だし、賞味期限も短いため、
フードバンク(食料支援)に適していないと思うが、
条件付でやってみる価値はあると思っている。



この取り組みがただ単純に、今日の食事に事欠く
子どものために行う、対処的な意味合いのもののみであれば、
この取り組みには反対だ。そもそもその前に、
そういった子どもをどう支援していくのかの
視点がなく、その場しのぎになってしまうからだ。



この取り組みが、食事に事欠く子どもを把握するため、
そして、食料支援を通じて、家庭の状況を把握するツールとして活用しつつ、

目の前の食事に事欠く子どもの現実対応として、
食糧支援を行うのであれば賛成である。



理由は



①目の前の困っている人をほっとけない

どんなに理想
(行政が子どもの貧困支援に税金を投入すべきだ等の話)
を語ったところで、直ぐにやってくれるわけでもなく、
目の前にお腹を空かせている子どもがいるなら、
みんなと同じような食事を取らせたいから。


コンビニの廃棄品を食べさせるのは、尊厳の問題が
という、話については、廃棄の本来の時間よりも、
前に回収できるようにすればいいだけのことであり、
(認定NPO制度の活用や条例で、廃棄ではない食品の寄付には税制優遇)税制優遇などを

活用すれば、廃棄前に寄付しようと、食品会社も思うはずで、廃棄前提の話にするからややこしいわけだ。



②食糧支援を通じて、関係性構築は大事で有効だから。



生活困窮者自立支援法が始まって、
静岡県内の全ての市町に相談窓口ができた。
静岡市や富士市では、フードバンクを活用し
積極的に相談窓口が、
食料の心配をし、自宅まで食料を届け、
家の状況がどうなのかを把握するツールに食料を使っている。



手ぶらでいくと、嫌がられるのに、
食料を相談者の家に持っていくと喜ばれる。



相談者も、困った時に頼りになる支援員として、
相談窓口の人間に信頼をよせるケースもある。



新規相談件数 4月~12月まで
(静岡県資料)
1位 静岡市 1378件
2位 富士市  525件
3位 浜松市  313件



新規フードバンク利用頻度 4月~12月まで
(フードバンクふじのくにの独自集計)
1位 静岡市 約26%
2位 富士市 約17%

※ 浜松市 約4%



と、新規相談ケースが多いところは、
食料支援も多いことが分っている。



浜松市は相談件数自体が人口の割りに少ない為
食料支援自体が少ないのではないかと推測される。



食料支援の割合も子どもがいる世帯には
全体の2割近く提供している



コンビニの廃棄品を貧困世帯の子どもに提供するという
ニュースから、取り組みの意義により、
私の意見は変わるという趣旨の話をしたが、

この記事の中にある

偏見の助長や尊厳については、
手法が適切ではないだけであって、
けっして、食料支援(フードバンク活動)の全てが
困窮者支援に適していないわけではないということを付け加えたい。




フードバンク(食料)が来るのを
プレゼントが届くかのように、楽しみに待つ子どももいる。



この記事でコメントしている方々や、
フードバンク活動を深く知らない
専門家たちが、片側だけの視点で、
食料支援なんぞけしからん!というのだけは、
やめていただけたらと思う。



なぜなら、フードバンクに取り組む
全ての活動者は、食べものに困っている人に
食べものがしっかりと渡る社会を作りたくて、
一生懸命やっているからだ。



このことだけはしっかりと伝えたい。

毎日新聞の記事で

自治体が防災備蓄品を廃棄している


この記事から雑感を書きたいと思う。


毎日新聞 ウェブ版

http://mainichi.jp/articles/20160325/k00/00m/040/137000c


静岡県内では、富士市、三島市、湖西市、菊川市においては、
防災備蓄品をフードバンクふじのくにへ寄贈しています。
もっと言うなら、食品の回収まで行政や社協が行ってくれています。(浜松市や藤枝市、島田市など県内多数の自治体が、次年度以降寄贈を検討中です)


今回の毎日新聞の記事により、
自治体の防災備蓄品の寄贈も全国のフードバンク団体で増えてくるのかもしれない。


しかし、全国のフードバンク団体もまだまだ未成熟なところが多く、
行政と協働で事業を行える状況ではないところも一定数いるのは事実だ


生活困窮者支援とフードバンクを結びつけ、
安全面をしっかりと担保して、公益性を自団体に身につけることが大事だ。


生活に困っている方に対して、特定のNPOのみで、
支援を行っていく形には限界があり、
貧困が見える化してきた今だからこそ、

地域の仕組みとして、福祉を行う団体や行政が
言葉だけの連携だけではなく、

ときには市民を巻き込むような
協働で活動を行う仕組みの構築が必要だ。



フードバンク活動を県内で始めたときから、
行政や他団体との連携を意識してきた。



ぼくはみんなに貧困問題を身近に感じて欲しいだけでなく、
だれもが、支援をする立場になり、
だれもが、困ったときに仕組みを利用できる

そんな社会を構築していきたい。



静岡のフードバンクのモデルはあくまでも、
静岡県の中という限られた地域性の中で、
有効だっただけで、他の地域で同じ事が
出来るかは疑問だ。



なぜなら、地域性や地域にある社会資源も違うから。



でも、小異をすて、大きな志で、たくさんの団体や行政が、
静岡で行っているフードバンクの形は
他の地方に理念の部分や行政との協働の作法に関しては
参考になると思っている。



自分が行ってきたノウハウは惜しみなく提供したいと思


3月13日に開催されます
フードバンク川崎さんが主宰の下記のイベントにパネラーで参加します。
ぜひお越しください。

以下、フードバンク川崎からの呼びかけ文です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3月13日(日)に川崎市にあります、
エポックなかはら(武蔵中原駅)で、講演会&交流イベントを行います。
パネリストとして、お二方をおよびします。
・鈴木和樹氏(フードバンクふじのくに 事務局次長、NPO Popolo 事務局長)
・青木美紀氏(高知あいあいネット・フードバンク高知 民間シェルター「あいあいめっせ」 代表)
川崎市の方はもちろん、貴重な機会な機会なので、ぜひご参加ください。
場所:川崎市総合福祉センターエポックなかはら 第一会議室
   川崎市中原区上小田中6丁目22番5号
  ・14:00~17:00(講演&パネルディスカッション)
  ・17:00~18:00(交流イベント)
当日、フードドライブ(食品・日用品の寄付)を行います。
よろしければ、会場までお持ちください。
http://www.sfc-kawasaki.jp/

メディアにいくつか出ました。
その宣伝をします!


①前回に書いたハートネットTVの放送日が変更になっていて、
予約してくれていた方申し訳なかったです。

2月24日の20時から
ハートネットTVで放送されます。
ぜひご覧ください。

フリップもって開設していますので。

 http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2016-02/24.html


②月刊福祉三月号に掲載されました。

全社協さんが発行している、 月刊福祉のウォッチングっていう企画の中で、
NHKの解説員後藤さんと活動のきっかけなどをお話させていただいています。

地域コーディネーターと後藤さんに言われ、なるほどなぁーと
思ったりしたので、積極的にこのフレーズをパクッていこうと思っています!


③きょうだいリスク という新書に取材協力しました!

著者の一人である古川雅子さんに民間支援と公的支援部分での話し、
きょうだいで相談にくる事例などをお話させていただきました。
本の中にも鈴木の名前はしっかりと載せていただいております。
家族や会社がセーフティネットにもうなりえないということがよくわかる内容になっています。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=17778
朝日新聞出版 2月12日発売


 
最近、忙しすぎて、なかなか更新ができていませんが、
意識的に移動時間などを利用して、
もっとブログをお知らせだけでなく、
自分の考えなどを書いていけたらいいなと思っています。 


1月20日に静岡英和大学院が主催するボランティア講演会でお話させていただきました。


英和ボランティアセンターさんが早速ブログに掲載してくれたようです。

英和ボランティアセンター ブログ


DSCF1917


DSCF1925


対象は大学1年生が中心でした。

話を聴いている人の中にはきっと、生活に困っている家庭の方もいるでしょうし、
奨学金を借りて学校に通っている人もいるでしょう。

貧困というのは、誰にでも起こりうるし、
生まれた環境自体が困難にさせているケースもある。

なにかがきっかけで(病気や失業など)なるケースもある。

だから、みんなで手を差し伸べる仕組みつくりが大事なんだ

と話をさせていただきました。

将来を担う若者への言葉も合わせてさせていただきました。

後日、ボランティアに来たいという学生から連絡をもらい、
きちんと聞いていてくれたんだなとうれしくなった今回の講演でした。


↑このページのトップヘ