鈴木和樹の活動家日誌

生活困窮の問題をなんとかしたい!の気持ちだけで活動を続けて、早8年目。 鈴木和樹の日々感じたことを書いていきます。

カテゴリ: その他

ここのところ、ブログの更新を怠っていました・・・。
年賀状をいただいた方には、下記のような年賀状を
お返しさせていただきました。

本年もよろしくお願い致します。


謹賀新年

 皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えかと存じます。
旧年中は、格別のご厚情を賜り誠にありがとうございます。

 昨年は、生活困窮者自立支援法が施行され、富士POPOLOハウスも
県内全域で生活に困窮されている方の受け入れを2014年まで行っていましたが、
2015年は、7市(富士市、富士宮市、沼津市、三島市、藤枝市、島田市、掛川市)で
広域連携による実施となりました。7市以外の相談者に対応すべく、
静岡県ふじのくにNPO活動基金を活用し、7市以 外の自治体からも、
次年度への予算請求を条件に受け入れを行い、実質的に昨年度と同じ活動を
行うことができました。次年度は10市連携での事業継続が予定されています。

 フードバンク事業についても、県内の主要な団体と広域に連携し、
県内で1000件以上の食料支援を行うまでになり、その取り組みは
静岡モデルとして、多くのフードバンク団体の活動を広げるきっかけを作ることができました。

 NPO主導の広域連携の仕組み構築は全国でも評価をいただきまして、
NHK「ハートネットTV」への生出演を皮切りに、全国各地で 視察受け入れ、
講演依頼をいただくこととなり、自身を取り巻く環境の変化にとまどいを感じつつも、
『目の前に、困っている人がいるから動く』をキャッチフレーズとし、活動をより一層広げた
一年となりました。

私たちの活動が広がっているのも、ひとえに常に支えて下さっている皆様のおかげで御座います。
本年も、素晴らしい一年となるよう、皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。


静岡県静岡市葵区宮ヶ崎町53番地
NPO法人POPOLO 事務局長
NPO法人フードバンクふじのくに 事務局 次長

6月2日に山梨県にいってきました! 

今回の目的は、動画撮影です。 


完全な赤字企画 


趣旨は、静岡県内の方がこのブログを見ている中心だと思うのですが、
POPOLO以外も全国にはたくさん素晴らしい活動をしている団体がいて、
ぼくも刺激と影響を受けている、素晴らしい活動家さんたちがいます。 


そんな方々と、支援とはなんだ!活動のきっかけ、想いなど語り合う企画です 


当初は5月予定だったんですが、すごく遅れてます(笑) 
9月には公開したいなぁと思っています


初回のフードバンク山梨理事長である、米山けい子さんは、
POPOLOがフードバンクをはじめるきっかけになった団体です。


顔をお互いに年に何回もあわせていましたので、逆に緊張しました 
米山さんの全国組織設立への強い想いを再確認した、対談になりました。


そして、この企画には、撮影器具を提供、そして、撮影ボランティアを
してくれている、残念なイケメンの北本さんの協力によって成り立ってます。
北本さんが、体力の限界になるまで、撮影企画は続けたいと思ってますので、
第2弾、第3弾も当然予定しています。

 

4月末に2014年5月に静岡県内、6月に関東で放送された、
私の活動を半年かけて追っかけてくれて制作された

FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品

家なき人とともに


が再放送されたようです。(本人まったく気がつかず)


第23回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品 家なき人とともに


ブログのアクセスが多いなぁとか思ってたんですよねー。

問い合わせの電話やメールも来ているとのこと。


私も身近な仲間に寄り添えるようになりたいとか、
人との関係性の大事さを知りましたとか、
自己責任の社会じゃいけないよねとか、
鈴木と会って話したいとか



ほんとに励みになる言葉をいただきました。



書き損じのはがきなども匿名で送ってくださる方もいました。

応援してますの一言がメモに書かれており、

こうやって見てくれている人はいるんだなぁと実感しつつ、

しっかりと活動を続けていこうという責任も感じます。


自分が有名になれば、どこに相談していいか困ってる人が
たどり着けるのかもしれないと思って、
自分にやれることを8年間続けてきました。


これからもその想いは変わらないですし、

ぼくの発信で影響を受ける方が1人でもいる限りは、

こういった取材は受けたいと思っています。



『誰が為に鐘は鳴る』

イギリスの詩人、ジョン・ダンの言葉がとても胸に響きます。



誰かの痛みは自分の痛み。

困ったが言える社会を作っていきたい




ぼくが所属している団体を紹介します


①NPO法人POPOLO 2010年1月~

 http://npo-popolo.org/

POPOLOは誰にでも起こり得る、生活困窮の問題や労働問題に取り組んでいる団体です。
ここでは事務局長をしています。


②NPO法人フードバンクふじのくに  2014年5月~

 http://fb-fujinokuni.org/index.html

食品ロスと生活困窮この2つの問題に取り組むべく静岡県内で
多数の団体が集まって設立されたのがフードバンクふじのくにの特徴です。
ここでは、事務局次長をしています。


③一般財団法人ふじのくに未来財団 2015年4月~

http://www.fff.gr.jp/

静岡県内におけるさまざまな問題に取り組む非営利団体を
寄付を通じて応援する仕組みを作るべく
民設民営の組織です。公益化財団化を目指しています。
ここでは、理事をやっています。


④全国フードバンク推進協議会  2015年11月~

全国フードバンク推進協議会は、国内フードバンク団体が抱える課題解決や
フードバンクを取り巻く社会的環境整備を行うことにより食品ロス削減、
貧困問題の解決に寄与する事を目的とします。
ここでは、世話人をやっています。理事みたいなもんですかね。


⑤NPO法人やまっこの家 2013年4月~2015年7月

http://blogs.yahoo.co.jp/yamakkonoie

静岡市の黒俣地域にある障がい者支援団体です。
大自然の中で、利用者のみなさんが気持ちよく作業をしています
2015年4月からは就労継続B型の事業所になります。
そこでは、相談役として関わっています。

追記  平成27年7月を持ちまして、相談役の重責を解いていただきました。
 

↑このページのトップヘ