鈴木和樹の活動家日誌

生活困窮の問題をなんとかしたい!の気持ちだけで活動を続けて、早8年目。 鈴木和樹の日々感じたことを書いていきます。

カテゴリ: ニュース

「売れ残り」貧困の子へ 「偏見助長も」現場危惧


http://mainichi.jp/articles/20160331/k00/00e/040/262000c



フードバンク活動を行うものとして、
抑えておきたいのは、
この取り組みの意義がどこにあるのかについてだ。



個人的にはコンビ二弁当やパンは、
在庫が不安定だし、賞味期限も短いため、
フードバンク(食料支援)に適していないと思うが、
条件付でやってみる価値はあると思っている。



この取り組みがただ単純に、今日の食事に事欠く
子どものために行う、対処的な意味合いのもののみであれば、
この取り組みには反対だ。そもそもその前に、
そういった子どもをどう支援していくのかの
視点がなく、その場しのぎになってしまうからだ。



この取り組みが、食事に事欠く子どもを把握するため、
そして、食料支援を通じて、家庭の状況を把握するツールとして活用しつつ、

目の前の食事に事欠く子どもの現実対応として、
食糧支援を行うのであれば賛成である。



理由は



①目の前の困っている人をほっとけない

どんなに理想
(行政が子どもの貧困支援に税金を投入すべきだ等の話)
を語ったところで、直ぐにやってくれるわけでもなく、
目の前にお腹を空かせている子どもがいるなら、
みんなと同じような食事を取らせたいから。


コンビニの廃棄品を食べさせるのは、尊厳の問題が
という、話については、廃棄の本来の時間よりも、
前に回収できるようにすればいいだけのことであり、
(認定NPO制度の活用や条例で、廃棄ではない食品の寄付には税制優遇)税制優遇などを

活用すれば、廃棄前に寄付しようと、食品会社も思うはずで、廃棄前提の話にするからややこしいわけだ。



②食糧支援を通じて、関係性構築は大事で有効だから。



生活困窮者自立支援法が始まって、
静岡県内の全ての市町に相談窓口ができた。
静岡市や富士市では、フードバンクを活用し
積極的に相談窓口が、
食料の心配をし、自宅まで食料を届け、
家の状況がどうなのかを把握するツールに食料を使っている。



手ぶらでいくと、嫌がられるのに、
食料を相談者の家に持っていくと喜ばれる。



相談者も、困った時に頼りになる支援員として、
相談窓口の人間に信頼をよせるケースもある。



新規相談件数 4月~12月まで
(静岡県資料)
1位 静岡市 1378件
2位 富士市  525件
3位 浜松市  313件



新規フードバンク利用頻度 4月~12月まで
(フードバンクふじのくにの独自集計)
1位 静岡市 約26%
2位 富士市 約17%

※ 浜松市 約4%



と、新規相談ケースが多いところは、
食料支援も多いことが分っている。



浜松市は相談件数自体が人口の割りに少ない為
食料支援自体が少ないのではないかと推測される。



食料支援の割合も子どもがいる世帯には
全体の2割近く提供している



コンビニの廃棄品を貧困世帯の子どもに提供するという
ニュースから、取り組みの意義により、
私の意見は変わるという趣旨の話をしたが、

この記事の中にある

偏見の助長や尊厳については、
手法が適切ではないだけであって、
けっして、食料支援(フードバンク活動)の全てが
困窮者支援に適していないわけではないということを付け加えたい。




フードバンク(食料)が来るのを
プレゼントが届くかのように、楽しみに待つ子どももいる。



この記事でコメントしている方々や、
フードバンク活動を深く知らない
専門家たちが、片側だけの視点で、
食料支援なんぞけしからん!というのだけは、
やめていただけたらと思う。



なぜなら、フードバンクに取り組む
全ての活動者は、食べものに困っている人に
食べものがしっかりと渡る社会を作りたくて、
一生懸命やっているからだ。



このことだけはしっかりと伝えたい。

毎日新聞の記事で

自治体が防災備蓄品を廃棄している


この記事から雑感を書きたいと思う。


毎日新聞 ウェブ版

http://mainichi.jp/articles/20160325/k00/00m/040/137000c


静岡県内では、富士市、三島市、湖西市、菊川市においては、
防災備蓄品をフードバンクふじのくにへ寄贈しています。
もっと言うなら、食品の回収まで行政や社協が行ってくれています。(浜松市や藤枝市、島田市など県内多数の自治体が、次年度以降寄贈を検討中です)


今回の毎日新聞の記事により、
自治体の防災備蓄品の寄贈も全国のフードバンク団体で増えてくるのかもしれない。


しかし、全国のフードバンク団体もまだまだ未成熟なところが多く、
行政と協働で事業を行える状況ではないところも一定数いるのは事実だ


生活困窮者支援とフードバンクを結びつけ、
安全面をしっかりと担保して、公益性を自団体に身につけることが大事だ。


生活に困っている方に対して、特定のNPOのみで、
支援を行っていく形には限界があり、
貧困が見える化してきた今だからこそ、

地域の仕組みとして、福祉を行う団体や行政が
言葉だけの連携だけではなく、

ときには市民を巻き込むような
協働で活動を行う仕組みの構築が必要だ。



フードバンク活動を県内で始めたときから、
行政や他団体との連携を意識してきた。



ぼくはみんなに貧困問題を身近に感じて欲しいだけでなく、
だれもが、支援をする立場になり、
だれもが、困ったときに仕組みを利用できる

そんな社会を構築していきたい。



静岡のフードバンクのモデルはあくまでも、
静岡県の中という限られた地域性の中で、
有効だっただけで、他の地域で同じ事が
出来るかは疑問だ。



なぜなら、地域性や地域にある社会資源も違うから。



でも、小異をすて、大きな志で、たくさんの団体や行政が、
静岡で行っているフードバンクの形は
他の地方に理念の部分や行政との協働の作法に関しては
参考になると思っている。



自分が行ってきたノウハウは惜しみなく提供したいと思


本日、7月28日掲載の読売新聞に鈴木が関係している
フードバンクふじのくにの記事が掲載されています。

鈴木自身も、コメントしていますので、ぜひご覧になってください。

WEB版の記事のリンク貼っておきます。


 読売新聞 静岡県内版 

1月30日の静岡新聞朝刊にフードバンクふじのくにの記事が掲載されています。

そして、産経新聞さんにも掲載されました。

WEB版がありますので、リンクをはっておきます

http://www.sankei.com/region/news/150130/rgn1501300029-n1.html


中身は昨日行われた事業推進委員会の様子を取り上げていただいています。
たくさんの行政のかたや社会福祉協議会の方が参加していただきました。

活動を同世代でがんばってる藤田さんの記事から
引用しようと思います。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/fujitata…/20150126-00042559/

ぼくはよくアリとキリギリスの話を
自己責任論を言う人にいいます。

知ってると思うけど、
アリとキリギリスの話って

夏の間に汗を流して頑張ったアリ、
その一方で遊びほうけてたキリギリス。

キリギリスは、楽しむことをせずに真面目に働くアリを
馬鹿にして夏をすごします。

冬になって、キリギリスが食べ物に困ってしまう
アリは夏頑張ったから困らない

外国の話だと、アリから食べ物を貰えず、
夏に頑張らなかったお前が悪いといわれ
キリギリスは飢えて死んでしまう。

日本の最後は、
アリが食べ物をわけ、今度はちゃんとコツコツと夏に食べ物を
しっかりと集めておくんだよ
という形で結末が違う。

生活保護制度というのは、誰でも平等に困ったときに使える制度だ。
だから、困ったときは貧困になった理由なんか関係なく
なんら恥じることなく
堂々と使える制度でなければいけないとぼくも思っている。

生活保護をぼくは小さい頃に受けていたから、
それで友達の親から心無いことをいわれたりもした。

でも、ぼくは親を選ぶことはできなかった。
出来ることならみんなと同じような
家庭に生まれたかった。
これはぼくの自己責任でしょうか?

障がいをもって生まれた人は、
自己責任でしょうか?

貧乏で大学に行けなかったがゆえに、
希望の就職先を諦めなければいけないことは
自己責任でしょうか?

精神疾患になるのは自己責任でしょうか?

という風に、生まれながらの環境や、
突然の災難や病気などで生活保護制度を
利用せざるえない人がいます。

ここの部分については、
国家の介入をできるだけなくせ!減税だ!
という人にも、
大きな福祉国家だ!という
方にも当然受け入れられる主張だと考えます。

ここをおかしいという人自体はすくないのかな。
感覚的にだけど。
いちばんネックなのが、
仕事はやりたくありません。
保護をもらってのんびり10万くらいで過ごしたいです。
っていう人の場合(こういう人はけっこう少数なんだけどね)

福祉に限らず国家の介入をできるだけ小さく!という考えの人は
けしからん!税金の無駄だ!
自分で遊んでて困ったんだろ?
ほっとけよ!
という方が多い印象。
頑張ってた人限定だよねって感じかな。

福祉は多大に国家の介入をするべきだ!という考えの人は
その人がそういう考えに至ったのは
なにかしらの原因があるんだろう
と、保護をもらって暮らしたいと考えるまでに至る
なにかしらのバックボーンを意識します。

生活保護制度だけを切り取って考えるから
両者の考えは平行線のままだ。

そもそも、働けるのに働く意欲がなんらかの
事情や背景で、沸き上がらない状態の方を
どんな制度や支援で、
意欲向上ができるかという観点で
生活保護とセットで新しい形の
生活保障を構築していかなければ、
今の生活保護制度バッシングはなかなか止まらない。
(生活保護と生活保障と漢字がややこしいな・・・)

だからこそ、宮本太郎先生が提唱している


閉じたコミュニティの開放を橋渡し支援
底上げ型所得保障と給与比例型の所得保障との連動
労働市場そのものの見返りを高めていく
持続可能な雇用創出
ワークライフバランス


を日本型の生活保障のような取り組みとして実践していく
必要があると感じています。


ぼくはキャリアコンサルタントなんで、
その観点に福祉実践者としての想いを書くとすれば


仕事(給与がでるかどうかではない)というのは、
人生で睡眠と同じくらいの時間を使う活動です。


仕事や人間関係が複雑化していく中で、
キャリア(経験)というものをもっと、
大事にしながら、その人個人個人にあった
働き方だったり、生き方だったりを、
人生の節目で情報や環境が目まぐるしくかわる
現代社会だからこそ、収入を得る仕事だけでなく、
様々な岐路で自分らしい選択ができるよう
応援していく制度がやはりいまの福祉制度には
かけていると感じている。


まとまりのない文章になってしまったけど、
言いたかったことは


ぼくは日本版のアリとキリギリスのような話になるように、
生活保護を望む人は、使えるような社会にしたいし、
生活保護批判が起こらないような社会にするために
たくさんの人が理解を示してもらえるような
仕事(居場所と変えても可)というものを観点とした
新しい生活保障のかたちを作っていきたい
がんばろう!やりなおしたいという方を
何度でも手を差し伸べる社会がいいな。


その第一歩として、
県内における官民一体となった、
食によるセーフティネットの創出だったり
行政間の枠組みを超えた、
広域連携による生活困窮者支援法の拡大解釈
(実現できたのは静岡県だけみたいです・・・いい前例になるといいな)

だとぼくは思っている。

こうした影響力のある著名な藤田さんのような方が、
たくさんの人がみるYAHOOという媒体で
生活保護制度についてたくさんのかたの偏見を
変えるきっかけになってくれるので、
ぼくら地方で細々やってる人間としてはありがたいなとおもう。

↑このページのトップヘ